鍋はダイエット中に食べても良いの?食べ方のコツ・痩せるレシピを紹介

ダイエット

「寒くなって鍋が美味しい季節だけど、果たしてダイエット中に鍋は食べても良いのかしら?」
今、当記事を読んでいるあなたは少なからずこのような疑問をお持ちかと思います。

・お鍋を食べたら太るのだろうか
・鍋を食べても太らない方法はあるのか

今回は鍋に関する疑問にお答えします。
美味しく食べながら綺麗に痩せられる、ダイエットに最適な鍋レシピもご紹介しますね!

食べたら太る?鍋とダイエットの関係

結論から言いますが、鍋は食べても太りにくい料理です。

なぜなら鍋のカロリーは低めだからです。

基本的には食べた量(摂取量)が使った量(消費量)より多ければ太ります。低カロリーの鍋はダイエット向きといえますね。

カロリーからおすすめの鍋を紹介

それでは身近でよく見かける鍋のカロリーがどのくらいか見てみましょう。

※カロリーの低い順に並べています

寄せ鍋・・・234kcal
白菜鍋・・・264kcal
水炊き・・・315kcal
キムチ鍋・・318kcal
もつ鍋・・・365kcal
ちゃんこ鍋・376kcal

上記から分かるように、寄せ鍋とちゃんこ鍋では約140kcalの差がありますね。ちなみに140kcalは6枚切りの食パン1枚と同じほどのカロリーで案外大きいです。

ダイエット中は、寄せ鍋や白菜鍋などをセレクトすると安心ですね。

ダイエット中に役立つ鍋の食べ方のコツ

鍋がダイエット向きであるこをお伝えしてきましたが、スムーズに痩せるためにはコツがあります。

ゆっくりよく噛んで食べる

上記のカロリーから分かるように、鍋のカロリーは少なめですが、食べすぎると当然摂取カロリーは上がります。

そこで食べ方にひと工夫。鍋の具材はゆっくりよく噛んで食べるようにします。

なぜなら噛む回数が増え時間をかけて食べると、脳の満腹中枢が刺激を受けて食事にブレーキをかけてくれるからです。

つまり、ダイエット中は食事のスピード違反は厳禁ということです。

鍋はゆっくりと時間をかけて食べると良いですね。具材を1度に入れてぐつぐつするより、2−3回に分けて食べるのも良いでしょう。

具材選びもポイント

カロリーだけでなく糖質や脂質が少ない具材を選ぶと、ダイエット中でも安心です。

きのこ

糖質・脂質・カロリーともに全て低めな優秀食材でたっぷり食べても安心です。またきのこから出る出汁は、料理にコクを与えます。

野菜

白菜、キャベツ、水菜、小松菜、ほうれん草などの葉物野菜はいずれも低糖質です。

野菜のビタミンやミネラルは体の調子を整えるのに役立つ栄養素、ダイエットでは栄養の偏りも気にかけたいところですので積極的に食べると良いですね。

豆腐

鍋で活用したいのが豆腐です。豆腐に含まれるレシチンには脂肪の代謝をアップさせる働きがあります。

脂身の少ない鶏肉や豚肉

肉の中でも鶏肉や豚肉は驚くほど低糖質です。中でも低糖質かつ高たんぱく質の鶏肉はどの部位でもダイエットに役立ちます。

ただし、カロリーの観点から脂身や皮は外すと良いですね。

しめの雑炊やラーメンは控えめに

鍋のお楽しみの一つはしめの雑炊やラーメン!という方も多いことでしょう。様々な具材からの旨味が凝縮したスープで作るしめの主食は、それは美味しいですよね。

しかし最後に主食を取り入れてしまうとカロリーや糖質オーバーとなり、ダイエットの足かせになる可能性が高くなります。

おいしく食べて痩せられる!ダイエット鍋レシピ

ヘルシー具材で作る鍋は、無理のないダイエットの強い味方です!

キムチ鍋〜生卵のっけ〜

キムチにはGABAが含まれます。GABAは副交感神経(リラックス神経)を優位な状態に導きますので、脳がリラックスでき、ストレスによる過食防止にも役立ちますよ。

材料(一人分)
・キムチ30g
・豆腐1/2丁
・豚肉 50g
・しいたけやしめじ お好きなだけ
・春菊 1/2わ
・卵 1個

<スープ>
・鶏ガラのもと 小さじ2
・コチュジャン 小さじ½
・すりおろし生姜 少々
・水200ml

<作り方>
①豆腐は8等分にきる。豚肉は一口大に、しいたけやしめじは石突きをとっておく。春菊は5センチの長さに切る。
②キムチはざく切りにする。
③鍋にスープの材料を入れて中火で一煮立ちさせる。
④①を加え、最後にキムチを乗せ、蓋をして煮る。煮立ったら卵を割り入れて完成。

あわせて読みたい

きのこと豆腐の和風鍋

健康的に体重を落としたいなら、たっぷりきのこが入った鍋がお勧め。きのこには代謝を促すビタミンB群が豊富です。

材料(一人分)
・豆腐1丁
・しいたけやしめじ 200g
・長ネギ 1/2本
・小松菜 1わ

<スープ>
・水150ml
・ほんだし 2g
・しょうゆ 大さじ½

<作り方>
①豆腐は8等分に切る。きのこは石突きをとって食べやすい大きさに切る。ネギは斜め切り、小松菜は5センチの長さに切る。
②鍋に水とほんだしを入れて煮立たせる。きのこと長ネギ、小松菜を入れて煮る。
③②に火が通ったら豆腐を入れる。最後にしょうゆを加えて完成。

たっぷり野菜と鶏肉の鍋

低カロリーでたんぱく質が多い鶏肉は、ダイエットに最適な食材です。

材料(一人分)
・鶏もも肉 1/2枚
・白菜 2-3枚
・水菜 2株
・にんじん 1/2本
・きのこはお好みで

<スープ>
・水 150ml
・鶏ガラのもと 小さじ1
・酒 小さじ1
・みりん 小さじ½
・こしょう   少々

<作り方>
①鶏肉は一口大に切る。白菜はざく切り、水菜は4センチの長さに切り、にんじんは半月切りにする。きのこを加える場合は石突きを取り、食べやすい大きさに切っておく。
②鍋にスープの材料と鶏肉を入れ、煮立ったらアクを取る。
③鶏肉に火が通ったら、白菜、にんじん、水菜、(きのこ)を入れ煮立ったら完成。

まとめ

以上、今回は「鍋はダイエット中に食べても良いのか」についてお伝えしました。

全体的に低カロリーな鍋は、ダイエットにも適していることが分かりましたね。

ただ、食べ過ぎには気をつけたいところです。

ゆっくりよく噛んで食べたり、具材選びにも目を向けたりしながら、冬の醍醐味でもある「鍋」を楽しんでください。

【参考文献】
イートスマート https://www.eatsmart.jp/do/caloriecheck/list1

タイトルとURLをコピーしました