きゅうりはダイエットに良い食べ物?効果・栄養・方法を紹介

ダイエット食

スーパーや市場で1年中見かけるきゅうり。手軽に食べられますので、よく食べるという方も多いことでしょう。そんなきゅうり、実はダイエットにも役立つことをご存じでしょうか。

そこで今回は、その理由や効果についてご紹介することにしました。ダイエットを加速させるきゅうりの食べ方や簡単レシピもあります。

とにかく分かりやすくお伝えしますので、ぜひ最後までお読みください!

きゅうりのダイエット効果と栄養成分を紹介

きゅうりはダイエットに適した野菜です。

と言うのもきゅうりには脂肪の代謝を促す酵素「ホスホリパーゼ」が含まれています。

つまり、きゅうりは脂肪組織の中の中性脂肪(※)がエネルギー源としてスムーズに働くサポート役のような野菜なのです。

(※)中性脂肪は私たちの体を動かす重要なエネルギー源の一つです。しかし必要以上に中性脂肪が増えると肥満を招きますので、特にダイエット中には気をつけたい成分でもあります。

ですのできゅうりを食べると中性脂肪が使われやすくなり、痩せやすい体作りにつながります。

きゅうりのカロリーは?

きゅうりは1本(100g)あたり、たったの13kcalしかありません。これはご飯お茶碗1杯(200g)の1/20のカロリーです。

ダイエットでは消費カロリーが摂取カロリーを上回ることが大切です。低カロリーなきゅうりはダイエットの味方ですね。

きゅうりの糖質も紹介

1本あたりのきゅうりの糖質は、2gととても少ないです。参考までに、6枚切り食パン1枚あたりの糖質は25g程度ですのでかなり少ないことがわかりますね。

糖質も中性脂肪と同じく私たちの体のエネルギー源ですが、糖質が多いと血糖値が急激に上がります。するとインスリン(体脂肪の分解を抑えて合成を促すホルモン)が出やすくなるので太りやすくなるのです。

ですのできゅうりが低糖質であることも、ダイエットに良い理由です。

むくみ解消に役立つカリウム

きゅうりに多く含まれるカリウムには利尿作用があります。尿の出が良くなることで、むくみ解消にも繋がりやすくなります。

そもそも、むくみはダイエットの大敵です。

なぜならむくみは皮膚の下に溜まった余分な水分だからです。むくみによって太って見えるだけではなく、血液の巡りが悪くなり代謝が下がって太りやすくなる可能性もあります。

身近なきゅうりがむくみ対策にもなるのは、嬉しいですね。

ポイントを抑えて正しいきゅうりダイエットを実践

では、ダイエットに効果的なきゅうりの食べ方のポイントお伝えします。

①まずきゅうりから食べる

食事の際には、まずきゅうりから食べましょう。空腹状態のお腹に最初にきゅうりの酵素が入ることで、吸収が速くなり、効果アップが期待できます。

②味付けは塩やこしょうなどでシンプルに

ドレッシングやマヨネーズではカロリーが上がってしまいます。目的はきゅうりの酵素を得ることですので、塩やこしょうでの味付けで、シンプルに食べるのがお勧めです。

③大きめに切る

大きめに切ったきゅうりには噛みごたえがあります。よく噛むことで満腹感も得られ、ダイエットには一石二鳥です。

なお酵素は加熱に弱いですので、きゅうりは生のまま食べることもポイントです!

控えたいのはマヨネーズ

きゅうりとマヨネーズの相性はとっても良いですよね。

しかし上記でも少しお伝えしましたが、マヨネーズのカロリーは高く、大さじ1杯で約80kcal、なんときゅうり6本分と同じです。

繰り返しになりますが、きゅうりに付ける調味料は塩やこしょうが良いです。そのほか七味唐辛子、カレー粉なども合いますよ。

意外?きゅうりはすり下ろす方がダイエットに良い

意外かもしれませんが、ダイエットの観点ではきゅうりのすり下ろしがお勧めです。

なぜならきゅうりをすり下ろすことで細胞の膜が壊れますので、ホスホリパーぜはより作用しやすなります。つまり、酵素の力がより発揮されやすくなるわけですね。

ですので、ダイエットの観点では確かにすり下ろすと良いのですが、すり下ろしたきゅうりを食前にどう食べるのか…正直悩ましいですよね。

そこで食べ方の提案ですが、すり下ろしたきゅうりを冷や奴やミニトマトにかけて一緒に食べるのも一つの手です。意外にも美味しく、食べやすいですよ。

なお、すり下ろすのは面倒だなぁ…というあなた、ご安心ください。

ダイエットでの観点ですと、確かにすり下ろしたきゅうりを取り入れていただきたくと良いですが、ダイエットは続けることが大切です。

上記でご紹介した3つの方法(面倒ではない&簡単)でも十分です。

痩せる!きゅうりレシピを紹介

それでは、きゅうりを1本、美味しく食べられるレシピをご紹介しましょう。

【ピリ辛!中華風きゅうり】

ちなみに、材料に使う鷹の爪(とうがらし)には発汗を促し、肥満予防に役立つ効果もありますよ。

■材料〜作りやすい分量〜
・きゅうり        1本
・鶏ガラのもと      小さじ1/4
・鷹の爪(輪切り)    少々
・塩           少々
・ごま油         少々

■作り方
①   きゅうりは大きめに切り、ジップ付きの袋に入れる。
②   ①に鶏ガラのもとと鷹の爪を加えて全体を馴染ませ10分置く。
③   お好みで塩とごま油をかけて完成。

デメリット?きゅうりの食べ過ぎに注意 

実はきゅうりは「栄養がない」と言われることがあります。その理由は、きゅうりの95%が水分だからでしょう。

そのため、にんじんや玉ねぎなどの野菜と比べるとカロリーが低い分、栄養素の含有量もやや少なめですので、きゅうりばかり食べていると1日に必要な栄養素が不足するかもしれません。

栄養素が不足すると、私たちの細胞内にある「TCAサイクル」という体内燃焼システムが上手く機能せず、脂肪燃焼が停滞する可能性が生じます。

ダイエットに役立つ酵素やカリウムが含まれるだけではなく、低カロリーと良いことたくさんのきゅうりですが、栄養バランスも大切です。

主食や主菜との組み合わせも意識しながら、楽しく召し上がってください。

まとめ

以上、きゅうりには脂肪の代謝を促す酵素が含まれるので、痩せやすい体作りに役立つことが分かりましたね。

しかもきゅうりは1本(100g)あたり13kcal、糖質も2gしかなく、ダイエット中にも嬉しい野菜です。

おすすめの食べ方は下記です

①まずきゅうりから食べる
②味付けは塩やこしょうなどでシンプルに
③大きめに切る

※酵素は熱に弱いですので、生のまま食べるようにしましょう。

きゅうりをすり下ろすと細胞の膜が破れるので、よりダイエット効果が得られやすいです。出来る場合は無理なく取り入れてみると良いですね。

ご紹介したレシピも試してみてくださいね。

参考文献
医歯薬出版株式会発行  日本食品成分表 2021 八訂
薬膳・漢方食材&食べ合わせ手帖 西東社 監修 植木もも子
福島大学ホームページ お知らせ 2021年3月22日 杉森准教授が世界初の新型酵素を発見

タイトルとURLをコピーしました