やっぱりすごい!ヨガの効果〜身体や心に起こる変化を分かりやすく解説〜

ヨガ

そもそもヨガとは

ヨガの効果に触れる前に、ヨガは一体どんなものなのかお伝えしましょう。

そもそもヨガは、心身を健康にする運動です。

始まりは古代インド。現在まで5000年近い歴史がありますが、もともとは悟りを開くための修行法でした。

そしてヨガを実践する方法は、2世紀頃に作られたそうです。その一部が中国を経由して日本に入るのですが、始まりは座禅(ざぜん)だったと言われています。

座禅=正座で、動かないイメージがありますよね。

実際、今でもヨガには正座や胡座(あぐら)のポーズがありますが、ヨガは時代の流れに伴い変化し、現在のようなスタイルが出来ているのです。

つまり、心を調整するひとつの材料としてヨガは誕生し、今に続いているのです。

ヨガのすごい効果

ヨガでは様々な良い効果が期待できます。ヨガの主な効果をご紹介しましょう。

痩せやすい身体:ダイエット

まず、基礎代謝(※)の向上が期待できます。

(※)基礎代謝とは呼吸や体温調節、心臓を動かすなどのために最低限必要なエネルギーのことを言います。分かりやすく言うと、じっとしていても常に使われているエネルギーです。

ですので「基礎代謝が高い=エネルギーをよく消費する身体=ダイエット」になります。

基礎代謝を高くする秘訣は筋肉量を増やすことなのですが、ヨガで無理なく実現可能です。

なぜならヨガのポーズには、体の中の大きな筋肉を動かしたり筋肉を増やしたりするようなものが多くあるからです。

またジムのウェイトトレーニングと違い、ヨガでは筋肉と同時に柔軟性も身につけていくことができます。

なのでしなやかな筋肉をゲットしつつ、痩せやすい体に近づけることが出来るのです。

美しいボディライン

上記で筋肉がつくとお伝えしましたが、ヨガで得られる筋肉はムキムキではなく適度なものです。

ですので、続けることで女性らしいしなやかなボディになり、見た目にも美しくなっていきます。

またヨガでは、土台(足の裏、坐骨など)への意識を大切にします。土台で大地を踏み、まっすぐ立つことで姿勢も綺麗になりますよ。

体の柔軟性アップ

ヨガはポーズを通じて関節を動すことが多いです。

そのため普段あまり使わない箇所の血流が良くなり、硬さがとれ、身体が柔らかくなります。

例えば肩甲骨(※)が固まっていると、腕の動きが制限されるため、肩が凝りやすくなるのです。

(※)背中の上の部分に左右対称にある平な骨

ヨガには肩甲骨を動かすポーズも多くあります。この部分にアプローチすることで胸から上を柔軟にし、ほぐしていくことが出来るのです。

ちなみに柔軟性が良くなると、疲労回復やケガの予防に役立ちます。さらには肩こりの緩和にも効果的です。

ホルモンバランスが整う

ヨガのポーズでは背骨(※)を動かすため、自律神経の機能が高まりやすくなります。

(※)背骨には特に自律神経があり、ホルモン調節をつかさどっています

さらにはヨガの動きで骨盤内の血行が良くなると、女性ホルモンの分泌もスムーズになるでしょう。

あわせて読みたい

精神&心の安定

ゆったりと呼吸を取り入れるヨガは、心身のリラックス効果に長けています。そして私たちの体にある交感神経と副交感神経(※)のバランスが整いやすくなるのです。

※交感神経は体を活発に動かす時に、副交感神経は体を休める時に働きます

この2つの神経は自律神経です。

自律神経は不規則な生活やストレスによる刺激、ホルモンの乱れなどからバランスを崩すことがあります。

その結果、疲れや不眠、だるさ、頭痛や便秘など体に様々な不調をきたすこともあるのです。

ヨガの呼吸を通じて精神の安定、さらにはストレスなどから来る体の不調緩和も期待できるのは嬉しいですね。

集中力が高まる

ポーズに集中し、自分の呼吸や体の状態を観察するヨガでは、日々の集中力も鍛えられます。

そしてヨガで短時間でも集中できるようになると、様々なシーンでのパフォーマンスアップに役立ちます。

仕事や家事がいまいち進まなかったり、なんとなくだらだらしてしまう。そんな状況も変えることが出来るでしょう。

ヨガは内臓にも効果的? 

結論から言いますと、ヨガは内臓の中でも腸に良いと言えます。その理由ですが「腸は第二の脳」と呼ばれるほど、脳と密接な関係があるからです。

例えば、緊張した時にお腹が痛くなる…のような経験をしたことはありませんか?

これは緊張によってストレスを感じた脳が、腸にストレスの刺激を与え、便意をもよおすためなのです。

腸と脳は自律神経を介して互いに影響し合います。ヨガで自律神経のバランスが整うと、腸内環境も整いやすくなるでしょう。

ヨガの効果が出るまでどのくらいかかるのか

個人差がありますが、3ヶ月はかかると思った方が良いです。

例えば痩せやすい体をゲットするために、ヨガを始めたとします。

通常、筋肉がつくまでに1−2ヶ月は要すると言われます。なので、体重が安定的に減ってくるのは3ヶ月後になると想定されるからです。

しかし、食事を工夫したり生活習慣を整えたりすることで、スピードアップすることは十分可能と思われます。

ヨガは効果ないと感じた時は’頑張りすぎ’が原因かも

「週○回行かなきゃ…」「他の受講生より出来ないから頑張らないと…」

など、ご自身にプレッシャーをかけていませんか?

このような気持ちが知らず知らずのうちに積み重なると、ヨガ自体がストレスになる可能性があります。

そうなると、気持ちよくポーズが取れなくなりますよね。

すでにお伝えしましたが、そもそもヨガは心身を健康にする運動で、日本のルーツは座禅です。頑張りすぎたり人と比べたりするものではありません。

ご自身にとって心地よいスタイルでヨガを行うと、少しずつ体や心の変化を感じられると思います。

ヨガを続けた結果、得られた効果(40代/体験談)

私の場合は腰痛改善のためにヨガを始めたのですが、主だった痛みは出ていません。

ヨガを通じて自然と腹筋や背筋が鍛えられ、腰痛緩和に効果があったのは明らかです。

そして2年経過した現在…腕や太もも、お腹まわり程よく筋肉が付き、ファッションも楽しめています。

なお最近の体年齢はなんと35歳!マイナス13歳に成功です。笑

また少し高めだった肝機能も、この3年ですっかり正常値になりました。

まとめ

以上、ヨガの効果についてご紹介しました。

主に下記の効果が得られることが分かりましたね。

・痩せやすい体(ダイエット)
・美しいボディライン
・柔軟性アップ
・ホルモンバランスが整う
・心の安定

つまり総合的に、ヨガは美容や健康に役立つ運動だと言えます。

また集中力が高まることにより、仕事や家事の効率UPも期待できます。

さらには長く続ければ続けるほど、基礎代謝・筋力・柔軟性・メンタル面での変化を感じられます。

しかし、効果を感じるまでには個人差があります。焦らずじっくり続けてみると良いですね。

それでは当記事により、ヨガへの興味がさらに深まると嬉しいです。

ヨガを通じて心身に起こるすごい効果を実感する日が訪れますように。

参考文献
厚生労働省 e-ヘルスネット 柔軟性
厚生労働省 e-ヘルスネット ストレッチングの効果
曹洞禅ナビ 曹洞禅
厚生労働省 e-ヘルスネット ヨガ
厚生労働省 e-ヘルスネット 自律神経失調症
こころとカラダが変わるYoga ホットヨガスタジオLAVA監修 池田書店

タイトルとURLをコピーしました